母乳と腸内フローラ

0
    人工乳を飲まず母乳だけを飲んでた子の方がビフィズス菌や乳酸菌が多く存在し、

    人工乳を飲んでた子は色んな種類の細菌が検出されている

    のだそう。

    善玉菌、悪玉菌、日和見菌、は母乳からだけでなく、分娩時の産道やおんぶや抱っこなどでも増え、
    人工乳でも後から腸内細菌を増やす事は出来るのだとか。


    こんな事も分かったそう↓

    母乳に含まれる活性酸素が腸内フローラをコントロール

     これまでは母乳成分の生化学的なメカニズムについてはよく分かっていなかった。今回の研究で、過酸化水素をはじめとする活性酸素を有効に利用することで、腸内フローラがコントロールされていることを、東京農工大学大学院農学研究院動物生命科学部門の永岡謙太郎准教授らの研究グループがマウスを用いた実験で明らかにした。 母乳に含まれる過酸化水素は乳子の消化管内で、外部から侵入してくるさまざまな細菌に対して門番のような役割を担っており、過酸化水素に抵抗性を示す乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が優先的に腸内に定着するのを助けているという。 研究は、母乳中に含まれる過酸化水素の重要性を示したもので、アミノ酸や活性酸素による腸内細菌をコントロールする新たな方法の開発につながる可能性がある。

    日本医療・健康情報研究所創新社 保健指導リソースガイドより)


    活性酸素って老化を招く嫌なヤツと思ってたけど、腸では良い働きをしてるのね。




    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:95 最後に更新した日:2019/08/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM